目的

教育用電子計算機システムは、下記に示すコンピュータリテラシ、コンピュータサイエンスの学部生の授業用、コンピュータスキル等の学部及び大学院生の授業にも使用されています。 また、TSUBAMEに接続するための端末としても使用されます。

授業科目・内容目的対象
コンピュータ・リテラシ入門
-情報ネットワークの活用
-コミュニケーションの概念
-システムの理解社会性・倫理性
情報機器を使いこなすということ以外に、誤った情報の操作をしないために、法的あるいは倫理的な内容やマナーを理解し、身につけることにも重点を置いています。1年生
コンピュータ・サイエンス入門
-計算の原理
-アルゴリズムの考え方
-問題の形式化
コンピュータの基盤となっている「計算」という概念に関する様々な基本概念や原理についての、基礎知識を与えることを目的としています。1年生
コンピュータスキル
-プログラミング実習
-インタフェース設計
-ソフトウェア利用
「コンピュータ・リテラシ」ならびに「コンピュータサイエンス」を履修していることを前提とし、その上でプログラミング・スキルを中心に、実験装置・測定装置とのインタフェースを設計したり、各分野に合った数値計算法やアプリケーションプログラムの使用方法を学ぶことを目的としています。2~4年生
大学院生

利用資格

東工大のICカードを持っている学生、教職員が利用できます。アクセスカードでは利用できないのでご注意ください。 なお、必要に応じてセンター長が認めた者が利用できる場合があります。

サポート

運用管理と授業、学生サポートは、下記担当者が行っています。

学術国際情報センター/研究推進部 情報基盤課 基盤システムグループ (コンピュータシステム担当)


トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS