プリンタの利用方法

教育システムのプリンタで印刷するためには2段階の作業が必要になります。 通常はプリンタを指定してプリントアウトすると、そのプリンタから印刷された紙が出力されますが、そのようにすると多数のユーザが利用する演習室では印刷した紙の放置や他人が印刷した紙を誤って持って行くなどのトラブルが生じます。 そのため、プリンタを管理するプリントサーバに印刷ジョブを送信し、空いているプリンタで印刷ジョブを紙に出力するという工程が必要になります。

プリントサーバにデータを送信する

MacまたはWindowsから通常の印刷を行うようにプリンタとしてプリントサーバ(prtsv)を選んで印刷します。これでプリントサーバに印刷ジョブとして転送されます。
nolink
デフォルトは白黒片面となっているので、必要があれば「印刷品質」タブからカラーや両面の設定を行ってください。

プリンタから出力する

どのプリンタからでも出力が可能です。空いているプリンタを選んで出力してください。本体に付属するタッチパネルで操作します。

  1. プリンタに附属する画面にログインIDを入力します。画面が消灯している場合は、右上にある「節電」ボタン(緑に点灯)を押してスリープを解除してください。
    printer2.jpg
  2. ログインIDの枠をタッチするとキーボードが表示されます。ログインIDを入力した後、画面右下のOKボタンをタッチしてください。
    printer3.jpg
  3. ログインIDが枠に入力された状態になっているので、ログインボタンをタッチしてください。
    printer4.jpg
  4. 転送された印刷ジョブが一覧表示されます。左端にチェックを入れて印刷したいジョブを選択してください。複数選択することも可能です。
    printer5.jpgprinter6.jpg
  5. 画面右下の印刷ボタンをタッチすると印刷を開始します。「印刷を指示しました。ログアウトします。」とメッセージが表示されるので、OKを押してウインドウを閉じてください。
    printer7.jpg

プリントサーバに送信後は白黒や両面等の設定変更はできませんので、必要があれば印刷ジョブを再送してください。

注意事項

  • 用紙サイズはA4サイズのみになります。
  • 年度内のプリント可能枚数は1ユーザあたり200枚となっています。プリント枚数の残りはプリント端末に表示されます。
    ソフトウェアでの印刷設定時に「両面印刷」や「複数ページ/枚」にするとプリント枚数を節約できます。

禁止事項

  • 印刷した用紙の放置
  • 大量の印刷によるプリンタの占有
  • "サークル勧誘チラシ等の印刷"
  • その他、他に利用者の迷惑になる利用 禁止事項を実行した場合には教育システムの利用を停止する場合があります。また、前段階としてプリンタの利用を停止する場合があります。

プリンタの設置場所

  • 南4号館 3階 プリンタ室: 2台
  • 学術国際情報センター 3階 第1実習室・第2実習室: 各1台
  • すずかけ台情報ネットワーク演習室: 1台

教育システムのプリンタが利用できないときは、コンビニや出力センター等、他のサービスの利用を検討してください。


添付ファイル: fileprnt_detail_Acrobat06.png 51件 [詳細] fileprnt_detail_Acrobat05.png 45件 [詳細] fileprnt_detail_Acrobat04.png 44件 [詳細] fileprnt_detail_Acrobat03.png 38件 [詳細] fileprnt_detail_Acrobat02.png 39件 [詳細] fileprnt_detail_Acrobat01.png 34件 [詳細] fileprinter7.jpg 42件 [詳細] fileprinter6.jpg 54件 [詳細] fileprinter5.jpg 43件 [詳細] fileprinter4.jpg 42件 [詳細] fileprinter3.jpg 43件 [詳細] fileprinter2.jpg 40件 [詳細] fileprinter1.jpg 113件 [詳細]

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS